フジ松嶋ドラマ「吉良奈津子」低迷でTBSが真っ青なワケ

公開日:  更新日:

 松嶋菜々子(42)が大苦戦――。現在、放送中の連ドラ「営業部長 」(フジテレビ系)の惨状に関係者が大慌てしている。フジだけでなく、このあおりをもろに食らうTBSにとっても気が気ではない。

「吉良奈津子」の番組視聴率は初回こそ10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)だったものの、第2話で7.7%に急落、続く第3話が6.8%、第4話6.4%と下がり続けて直近の18日放送の第5話は5.2%……。絵に描いたような右肩下がり曲線を描いている。“視聴率女王”の見る影もなし。

「フジに対して“視聴率が5%を切ったら出稿取りやめ”という打診がスポンサーから広告代理店にあったそうです。10回の放送予定ですが、打ち切り説も流れ、全7話の可能性まで出てきた……」(業界事情通)

 これでフジが大慌てなのは納得。ところが、それ以上に真っ青になっているのがTBS。上層部は手に汗を握りながら視聴率の行方を見守っているというのだ。松嶋が10月から放送されるドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」で、主演の菅野美穂に準じた重要な役どころを演じると先ごろ発表されたためだが、それだけではない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る