• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジ松嶋ドラマ「吉良奈津子」低迷でTBSが真っ青なワケ

 松嶋菜々子(42)が大苦戦――。現在、放送中の連ドラ「営業部長 」(フジテレビ系)の惨状に関係者が大慌てしている。フジだけでなく、このあおりをもろに食らうTBSにとっても気が気ではない。

「吉良奈津子」の番組視聴率は初回こそ10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)だったものの、第2話で7.7%に急落、続く第3話が6.8%、第4話6.4%と下がり続けて直近の18日放送の第5話は5.2%……。絵に描いたような右肩下がり曲線を描いている。“視聴率女王”の見る影もなし。

「フジに対して“視聴率が5%を切ったら出稿取りやめ”という打診がスポンサーから広告代理店にあったそうです。10回の放送予定ですが、打ち切り説も流れ、全7話の可能性まで出てきた……」(業界事情通)

 これでフジが大慌てなのは納得。ところが、それ以上に真っ青になっているのがTBS。上層部は手に汗を握りながら視聴率の行方を見守っているというのだ。松嶋が10月から放送されるドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」で、主演の菅野美穂に準じた重要な役どころを演じると先ごろ発表されたためだが、それだけではない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る