• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

向井理ベロ出しも不評 ドラマ「神の舌を持つ男」敗因は?

 向井理(34)主演のドラマ「神の舌を持つ男」(TBS系、金曜22時~)が崖っぷちだ。第6回(12日)放送の視聴率が、なんと、3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)まで下落しちゃったのである。

 分は悪かった。裏ではNHKとテレビ東京がリオ五輪の熱戦を生中継し、ジブリ(日本テレビ系)とワンピース(フジテレビ系)の超人気映画が2本も並んだ。とはいえ、初回から及第点となる2ケタ台を一度も超えられず、5~6%台がせいぜいだったことを考えれば、力不足は否めない。

 放送前には堤幸彦氏が20年の構想の末に作り上げたドラマだと謳っていたが、コラムニストの桧山珠美氏は「そもそも自分たちでハードルを上げてしまいましたね」と、こう続ける。

「実際に始まってみたら、堤ドラマの代表作である『TRICK』の焼き直し感たっぷりで初回から時代錯誤だと思いました。小ネタやギャグを散りばめたあの独特な世界観が支持されたのは、15年以上前の話。もし仮に放送が深夜帯であったなら、知る人ぞ知るドラマとしてコアな視聴者層を取りこめたかもしれませんが、テイスト自体が今の時代に合わないぶん、金曜22時に放送するドラマではない。それに新境地としてコミカルに挑んだ向井のベロ出しは気持ち悪いの一言だし、オーバーリアクションでコスプレ女優と化した木村文乃も空回りが目立つ。脚本、演出、演者と何一つうまく回っていないので、五輪が閉幕しても離れた視聴者が戻ってくるかは疑問です。物語の続きが気にならないので、見なくても何の支障もないと感じた人は少なくないでしょうから……」

 “舌技”ならイジリー岡田のほうがよほど芸がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る