布袋、江角、GACKTも…芸能人をカモにした投資詐欺の手口

公開日:  更新日:

 布袋寅泰(54)、江角マキコ(49)、GACKT(43)ら芸能人を投資詐欺のカモにしていた男が14日、警視庁に再逮捕された。

 男は、都内の投資コンサルタント会社「クエストキャピタルマネージメント」社長の松井直幸容疑者(47)。2009年9月~昨年2月にかけ、15都府県の63人に対し、実体のない先物取引の投資話を持ちかけ、計約113億7000万円をかき集めていた。布袋、江角、GACKTの3人も被害者だと、発売中の週刊新潮が報じているが、中には「1人で20億円投資した“セレブ”もいた」(捜査事情通)というから、仰天だ。

「松井容疑者はロン毛の遊び人風ですが、もともと証券マン。外資系証券会社でデリバティブを担当していた。その後、独立し、00年にク社を設立しましたが、08年9月のリーマン・ショック以降、資金繰りが悪化し、詐欺に手を染め始めたようです。『数百分の1秒単位の高速取引ができる独自のシステムを使うので、リスクはほとんどない』などと、毎月3%の配当をうたっていた。一応、独自のシステム開発は進めていたようですが、開発を委託した会社が倒産し、集めた金を配当に回すというウソの上塗りを続けていました」(前出の捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る