ロンブー淳、GACKTとも…国生さゆり元夫“見せかけ”華麗人脈

公開日:  更新日:

「詐欺容疑で逮捕状」と報じられてから、17日で2日目。タレントの国生さゆり(48)の元夫で、“自称”コンサルタント会社社長の甲田英司容疑者(41)は、いまだ行方知れずだ。

 甲田容疑者は所有する高級外車に「傷がついた」とウソの申告をして、損保会社から保険金約925万円をだまし取った疑いが持たれている。

「会社社長といっても、実体はほとんどありません。甲田容疑者は一昨年に国生と離婚してから、公共料金の支払いに窮するほどカネに困っていた。逃走資金が尽きるのも時間の問題でしょう」(捜査事情通)

 それでチンケな詐欺に手を染めたのか。甲田容疑者はフェイスブック(現在は閉鎖)上では、「ハワイに行った」「ラスベガスに行った」などとド派手な生活をアピールしていた。別掲の通りロンブーの淳をはじめ、GACKTやガダルカナル・タカ、川崎麻世、竹内力など芸能人とのツーショットもバンバン載せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る