ロンブー淳、GACKTとも…国生さゆり元夫“見せかけ”華麗人脈

公開日: 更新日:

「詐欺容疑で逮捕状」と報じられてから、17日で2日目。タレントの国生さゆり(48)の元夫で、“自称”コンサルタント会社社長の甲田英司容疑者(41)は、いまだ行方知れずだ。

 甲田容疑者は所有する高級外車に「傷がついた」とウソの申告をして、損保会社から保険金約925万円をだまし取った疑いが持たれている。

「会社社長といっても、実体はほとんどありません。甲田容疑者は一昨年に国生と離婚してから、公共料金の支払いに窮するほどカネに困っていた。逃走資金が尽きるのも時間の問題でしょう」(捜査事情通)

 それでチンケな詐欺に手を染めたのか。甲田容疑者はフェイスブック(現在は閉鎖)上では、「ハワイに行った」「ラスベガスに行った」などとド派手な生活をアピールしていた。別掲の通りロンブーの淳をはじめ、GACKTやガダルカナル・タカ、川崎麻世、竹内力など芸能人とのツーショットもバンバン載せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る