大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

地味すぎる? 「真田十勇士」俳優の格も興行もいまひとつ

公開日: 更新日:
「真田十勇士」の出演者たち(C)日刊ゲンダイ

 大型時代劇の「真田十勇士」の興行が、もうひとつだ。最終で興収10億円に届かないかもしれない。高額な製作費がかかっているので、収支的に厳しい。理由は、いろいろある。

 リーダーの資質のない真田幸村を、集められて配下になった俊敏な10人が引き立て、徳川…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  7. 7

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  8. 8

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  9. 9

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る