新恋人は政治記者 春クリ「熱愛」足がかりに政界進出も?

公開日:  更新日:

 タレントの春香クリスティーン(24)に熱愛が発覚だ。そのお相手が報道機関の政治部記者だったことで、「政界進出への足がかり?」との見方が一部で浮上している。

 春香は芸能活動のかたわら、国会前で議員の出待ちを行うほどの“政治オタク”で知られている。ミヤネ屋(日本テレビ系)のコメンテーターとして臆することなく意見を述べるなど、政治リテラシーの高さは業界内でも有名だ。

 その春香に政界進出のウワサが浮上したのは昨年のこと。一部スポーツ紙が国会内の声として、「複数の議員が春香に政界への転身を勧めている」と報じた。春香が国会に傍聴に来ていることは議員の間でも知られており、高く評価されているという。

 実際、その“片鱗”もなくはない。春香は2014年6月、大阪で開かれていた辻元清美・衆議院議員(56)の政治塾のイベントに飛び入り参加。今年6月には、とうとう自宅を永田町に移したことをラジオ番組で明かした。政治への傾倒は拍車がかかる一方だ。

 そこへもって、今回の政治部記者との熱愛発覚。「将来の政界転身を見据えた布石?」なんて邪推が飛ぶのも無理からぬ話か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る