春香クリスティーン “街頭演説焼け”も気にせず追っかけ

公開日: 更新日:

 その看板に偽りなし、いや、むしろ磨きがかかっているようだ。

 いまではすっかり「政治オタク」のキャラが浸透した春香クリスティーン(24)だが、7月28日は東京・三軒茶屋駅前で行われた鳥越俊太郎氏の街頭演説に出没。ひと言も聞き逃してなるものか! といった具合に真一文字に口を結び、懸命にメモしていたのだった。

 周囲にはマネジャーやテレビクルーの姿は見当たらず、どこぞの番組の企画ではなくプライベートで訪れていたもよう。

 せんだっての参院選中には自身のツイッターで、〈今朝メイクさんに「日焼けしすぎ」と怒られました。確実に街頭演説焼けです。〉(6月30日)と明かしていたが、まがりなりにもタレントだ。せめて帽子はかぶろうね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  5. 5

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る