籾井会長が混乱の“元凶” NHK紅白司会は今年も迷走中

公開日:  更新日:

 今年のNHK紅白歌合戦の司会は一体、誰になるのか。さまざまな名前が浮上する中、選定作業は難航しているという。通常なら10月中旬までには決定し、NHKが発表したり、スポーツ紙が報じるものだが、いまだに確定情報はない。

 今月6日には日刊スポーツが「白組にV6・井ノ原快彦、紅組に朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロイン・高畑充希」と報じる一方、同じ日にスポニチは「白組にV6・井ノ原、紅組にNHK・有働由美子アナ」と報じるなど“バラバラ”。

 さらに、ここにきて白組司会にSMAPの中居正広の名前も急浮上している。SMAP5人での出場が困難とされる中、せめて中居だけでもソロで出てくれないか――というNHKサイドからの要望だという。NHK関係者はこう言う。

「ここまで混乱に陥っている“元凶”は、NHKの籾井勝人会長です。定例会見でいちいち口を挟み、SMAPへのこだわりが強すぎるため、選定が進まない。別に紅白はSMAPのためにあるわけじゃない。現場はシラケ切っています。このままでは『総合司会・有働アナ、白組・イノッチ、紅組・高畑』という地味なメンツになりかねない。早くも低視聴率が心配です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る