日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小林幸子 悲願の紅白完全復活に向けて“草の根運動”進行中

 15日、セガのオンラインゲームイベントに出席した演歌歌手の小林幸子(62)。ゲーム内でバーチャルライブを行う歌手として登場し、“メガ幸子”の衣装でオリジナル曲「ヨーコソ・アークス」を熱唱している。

 映像に小林は「驚きました。実年齢の半分以下でキレイでかわいくて。皆さんが小林幸子を面白がってくれてうれしい」と笑顔。現段階でCD化は予定されていないが、「紅白は?」と水を向けられると「セガさん、頑張りましょう!」と、こぶしを突き上げた。

 NHK紅白歌手の常連だった小林だが、2012年に事務所内のトラブル発覚がキッカケで連続出場が33回でストップ。しかし、2013年ごろからネットの世界で「ラスボス」として親しまれるようになると、昨年、若年層を取り込みたいNHKが小林を「特別枠」で紅白に“招集”。おなじみの“メガ幸子”も披露し、4年ぶりの出演が話題となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事