ノーベル賞辞退か…ボブ・ディラン“沈黙”で飛び交う憶測

公開日: 更新日:

「受賞を辞退するのではないか」

 ノーベル文学賞受賞についていまだ沈黙を続けるボブ・ディラン(75)をめぐり、海外メディアでこんな臆測が飛び交っている。

 ディランは現在ツアー中で、受賞発表後のコンサートでもノーベル賞については一切触れず、代理人は「彼が即座にコメントすることはない」と説明。文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーはマネジャーとコンタクトしたが、「本人は寝ている」と言われ、直接話すことができないまま、連絡を断念した。

 友人で歌手のボブ・ニューワース(77)は米紙ワシントン・ポストの取材に対し、「彼は賞を受けないかも。ノーベル賞受賞を認めたくないのでは」と答えている。また英国の小説家ウィル・セルフ(55)は英紙ガーディアンで、唯一、自ら文学賞を辞退した哲学者サルトルを引き合いに出し、「おそらくサルトルのように辞退するだろう」とのタイトルで、「爆弾や武器で得た財産で設立された賞を受け入れることは自分の価値を下げることになる」と指摘している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る