ボブ・ディラン追いかけ50年…吉田拓郎と井上陽水の現在

公開日: 更新日:

 ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞に対し、吉田拓郎(70)が「ボブ・ディランがいたから今日があるような気もする。多くのことがそこから始まったと僕は思うのだ」とコメントした。03年の肺がん摘出手術から、更年期障害、うつ病と体調不良が続き、ファンを心配させていたが、現在は2年ぶりのコンサートツアーを行い、4カ所5公演ものステージに上がっている。

 このカムバックについて、拓郎は「嫌な事を全部やめて、健康を取り戻した」と語っている。妻で女優の森下愛子(58)の献身的な支えもあり、体調は良好のようで、先日は肝臓がんと闘病中のミュージシャン、ムッシュかまやつ(77)が拓郎から励ましのメールを受け取ったことを明らかにしている。

 拓郎の作詞作曲でかまやつが歌い、ヒットした「我が良き友よ」を、かまやつはラジオで流し、拓郎の友情に感謝していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る