ボブ・ディラン追いかけ50年…吉田拓郎と井上陽水の現在

公開日: 更新日:

 ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞に対し、吉田拓郎(70)が「ボブ・ディランがいたから今日があるような気もする。多くのことがそこから始まったと僕は思うのだ」とコメントした。03年の肺がん摘出手術から、更年期障害、うつ病と体調不良が続き、ファンを心配させていたが、現在は2年ぶりのコンサートツアーを行い、4カ所5公演ものステージに上がっている。

 このカムバックについて、拓郎は「嫌な事を全部やめて、健康を取り戻した」と語っている。妻で女優の森下愛子(58)の献身的な支えもあり、体調は良好のようで、先日は肝臓がんと闘病中のミュージシャン、ムッシュかまやつ(77)が拓郎から励ましのメールを受け取ったことを明らかにしている。

 拓郎の作詞作曲でかまやつが歌い、ヒットした「我が良き友よ」を、かまやつはラジオで流し、拓郎の友情に感謝していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る