• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボブ・ディラン追いかけ50年…吉田拓郎と井上陽水の現在

 ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞に対し、吉田拓郎(70)が「ボブ・ディランがいたから今日があるような気もする。多くのことがそこから始まったと僕は思うのだ」とコメントした。03年の肺がん摘出手術から、更年期障害、うつ病と体調不良が続き、ファンを心配させていたが、現在は2年ぶりのコンサートツアーを行い、4カ所5公演ものステージに上がっている。

 このカムバックについて、拓郎は「嫌な事を全部やめて、健康を取り戻した」と語っている。妻で女優の森下愛子(58)の献身的な支えもあり、体調は良好のようで、先日は肝臓がんと闘病中のミュージシャン、ムッシュかまやつ(77)が拓郎から励ましのメールを受け取ったことを明らかにしている。

 拓郎の作詞作曲でかまやつが歌い、ヒットした「我が良き友よ」を、かまやつはラジオで流し、拓郎の友情に感謝していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事