映画「アメリカン・スナイパー」主要部門受賞ナシを誇るべき

公開日: 更新日:

 クリント・イーストウッド監督の「アメリカン・スナイパー」が大ヒットしている。2月21日から公開され、土日2日間で興収3億3000万円を記録。これは邦画と洋画を合わせた今年最高のオープニングだ。最終的に20億円を超える可能性もある。

 2003年に始まったイラク戦争に参戦した米国人狙撃手の話である。幼い頃から米国風のタフな生き方で育てられた主人公は率先してネービーシールズ(海軍特殊部隊)に入る。戦場でも狙撃手という“安全地帯”にとどまることがいたたまれず、危険な地上戦に参加してしまうほど愛国心が強い男だ。

 しかし、200人近くを銃撃で倒し、幾度となく戦場に出かけるうちに精神を病んでいく。米国に帰り、子どもたちと不安定な精神状態で拳銃遊びに興じるシーンは、悲惨極まる戦場以上に戦争の恐ろしさが描かれ、体が震えてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る