ボブ・ディラン「風に吹かれて」の問いかけは現代に必要

公開日: 更新日:

【特別寄稿 音楽評論家・天辰保文氏】

 ボブ・ディランに、ノーベル文学賞が授与されることになった。以前から、その可能性は噂されていたし、むしろ、遅いくらいの授賞だが、実際にその一報を耳にして少し驚いたというのが正直なところだ。ノーベル賞も気が利いたことをするものだ、と。

 むろん、歌手の授賞は初めてだ。「米国の歌の伝統において、新たな詩的表現を創造した」というのが、授賞理由らしい。考えてみれば、若い頃の彼は、古い民謡に手を加え、新しい命を吹き込んだ。代表作の一つ「風に吹かれて」にしても、黒人霊歌「ノー・モア・オークション・ブロック」のメロディーを参考にしたといわれている。

 1960年代、公民権運動や反戦運動に揺れ動く米国社会を背景に、その「風に吹かれて」や「時代は変る」などで、古くさい大人たちに異議を申し立て、若者たちに熱狂的に歓迎されたのが始まりだ。それから50年余り、いまもなお、75歳にして現役で歌い続けている。朗報が世界中を駆け巡った翌日も、米国ラスベガスで公演し、普段通りに歌い、そして会場を後にしたという。しかも、受賞について一切発言することもなく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る