ボブ・ディランのノーベル文学賞に文学者らから批判の声

公開日: 更新日:

 今年のノーベル文学賞が米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(75)に決まり、世界中に衝撃が広がっている。

 文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーは反米・反ポップで知られており、米国人の受賞は1993年に黒人女性のトニ・モリスン(85)以来23年ぶり。ディランを選出したことで、米メディアからは、同アカデミーがこれまでの方針を大転換して、「文学」の定義を拡大しようとしているのではないかとの見方が出ている。

 このことを質問された同アカデミーのサラ・ダニウス事務局長は、ディランの代表曲「時代は変る」にかけて「時代は変わりつつあるのね、たぶん」と明言を避けた。「答えは風の中」ということか。

 同アカデミーの選択に、文学者などからは批判の声が上がっている。フランスの作家ピエール・アスリーヌ氏は「ディランは好きだが、どこに文学作品があるのか。スウェーデン・アカデミーは失態をさらした」と切り捨てた。また米紙ニューヨーク・タイムズは、ディランは素晴らしい歌詞を書いたが、ミュージシャンとして素晴らしいのであって、文学者としてではない。ミュージシャンに文学賞を与えては、文学者を称賛する機会がなくなってしまうと、アカデミーを批判した。

 ディランは受賞に関しては、今のところコメントしていないが、ラスベガスで13日夜(日本時間14日午後)からコンサートを行う。発言に注目が集まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る