• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボブ・ディランのノーベル文学賞に文学者らから批判の声

 今年のノーベル文学賞が米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(75)に決まり、世界中に衝撃が広がっている。

 文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーは反米・反ポップで知られており、米国人の受賞は1993年に黒人女性のトニ・モリスン(85)以来23年ぶり。ディランを選出したことで、米メディアからは、同アカデミーがこれまでの方針を大転換して、「文学」の定義を拡大しようとしているのではないかとの見方が出ている。

 このことを質問された同アカデミーのサラ・ダニウス事務局長は、ディランの代表曲「時代は変る」にかけて「時代は変わりつつあるのね、たぶん」と明言を避けた。「答えは風の中」ということか。

 同アカデミーの選択に、文学者などからは批判の声が上がっている。フランスの作家ピエール・アスリーヌ氏は「ディランは好きだが、どこに文学作品があるのか。スウェーデン・アカデミーは失態をさらした」と切り捨てた。また米紙ニューヨーク・タイムズは、ディランは素晴らしい歌詞を書いたが、ミュージシャンとして素晴らしいのであって、文学者としてではない。ミュージシャンに文学賞を与えては、文学者を称賛する機会がなくなってしまうと、アカデミーを批判した。

 ディランは受賞に関しては、今のところコメントしていないが、ラスベガスで13日夜(日本時間14日午後)からコンサートを行う。発言に注目が集まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る