故郷のFM局で番組2本 元メロン記念日・斉藤瞳さんの転機

公開日:

「モーニング娘。」の妹分として2000年にデビューし、一世を風靡した4人組アイドルグループ「メロン記念日」。10年5月に惜しまれつつ解散したが、斉藤瞳さん(35)は同グループのリーダーとして活躍した。解散後、芸能界も引退。今どうしているのか?

「今はFM新潟さんの情報番組『SOUND SPLASH』(平日午後4時~、火・水担当)と、長岡市とタイアップしたガイド番組『長岡ひとまちアオーレ+1』(土曜午前11時~)で、レギュラーパーソナリティーをしています」

 JR新潟駅万代口から西へ1キロほどのFM新潟本社で会った斉藤さん。肩まで伸びた栗色の髪をかき上げながら近況をこう説明した。「メロン記念日」ではセクシー担当ポジションとして人気を博したが、ますます色香が濃くなっている。

「生まれ故郷の新潟に戻ったのは、5年前の11年8月でした。ある芸人さんと離婚して、東京にいるのがつらくなったからです。しばらくは外に出るのも嫌で、引きこもり状態だったんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る