元人気バラドル鈴木蘭々さん 今は“独自化粧品”を開発中

公開日: 更新日:

 90年代半ば、バラエティーやCMではじけるような笑顔を見せていたショートカットのオンナの子がいた。鈴木蘭々さん(40)だ。ちょっと舌足らずのしゃべり方もかわいかった。しかし、最近、彼女の姿をあまり見ない。今どうしているのか。

 会ったのは東京メトロ・溜池山王駅から徒歩5分の所属事務所。

「今は基礎化粧品の開発に力を入れてます。でも、女優として舞台に立ったりもしてるんですよ。そんなワタシでも、“今どうしてるの?”って思われちゃうんですかね」

 鈴木さん、こう言って笑った。

 ビックリ仰天! 肌が白く透きとおり、とても40歳には見えない。自身が開発しているという化粧品のおかげか。

「もともと肌が弱く、すごい乾燥肌なんです。25歳の時、原因不明の吹き出物ができ、添加物が入ってるお化粧品が使えなくなってしまって。それでオーガニック化粧品をいろいろ試してはやめたりするうち、自分だったらもっとこうするのに、いつか自分のブランドのお化粧品が出せたらな、って思うようになりましてね。そんな折、エステショップを開業してる友達が解剖生理学を学び直すというんで、ワタシも一緒に学校に通い、本格的に勉強を始めたんです。それが08年あたりでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る