日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤田ニコルが参入 オスカーに“バラエティー部門”強化の芽

 色とりどりの晴れ着に身を包んだ美女たち。8日に行われたオスカープロモーション所属タレントによる恒例の晴れ着撮影会だ。今年も女優の武井咲(22)、剛力彩芽(24)、河北麻友子(25)ら主力メンバーが顔を揃える中、見るからに毛色の違う人物が……。バラエティータレントの藤田ニコル(18)である。

 思わず武井が「きょう初めて会いました。同じ事務所だと知りませんでした」と苦笑いしたのもさもありなん。オスカーはモデルエージェンシーとして出発したこともあり、どこよりも女性の美を追求する事務所として知られる。その後も国民的美少女コンテストで発掘した原石を磨き、藤谷美紀(43)や細川直美(42)、米倉涼子(41)、上戸彩(31)らを輩出している中で“おバカ女王”の存在は異端といえる。

■河北、岡田とで“本家”に対抗


 それでも総勢6800人のタレントを代表しての今回の大抜擢だ。来年の活躍も確約されたといっても過言ではない。コラムニストの桧山珠美氏も、「事務所が抱く新たな稼ぎ頭として期待感がひしひしと伝わってくる」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事