• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

激安ギャラでオファー殺到 ぺこ&りゅうちぇるの“稼ぎ方”

 14日、モデルでカップルの、ぺこ(20)&りゅうちぇる(20)が東京タワーで開かれたグリコと「ONE PIECE FILM GOLD」のPRイベントに出席した。

 昨年のブレーク以降、バラエティー番組を中心に引っ張りだこの2人。あまりの人気ぶりにやっかみの声も多いそうで、ぺこは「ビジネスカップルなんじゃないかってすぐ言われる」とこぼし、りゅうちぇるも「オトナはすぐ言うよねえ~」と不満を口にした。

 テレビのギャラは「2人で1本10万円(1人5万円)」ともいわれ、破格の安さからバラエティー番組のオファーは引きも切らず。特に、りゅうちぇるは今月だけで「ヒルナンデス!」や「VS嵐」などすでに10本以上の番組に出演。1日4本の収録に臨むこともあるという。

「りゅうちぇるが中性的で、ぺこがサバサバしたキャラのため、カップルで出ていても男女の生々しさを感じません。今までにないタイプです。イヤらしさを感じないので、見ていて楽しさが伝わりやすく、りゅうちぇるが商品やキーワードを連呼するのでPRイベントのオファーが絶えないのでしょう。鈴木奈々のように言葉を連呼するだけでは飽きられるので、時々ケンカをしたり別居したり、痴話喧嘩を起こすのも話題を引っ張るポイントになるでしょう」(芸能リポーターの川内天子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る