激安ギャラでオファー殺到 ぺこ&りゅうちぇるの“稼ぎ方”

公開日:  更新日:

 14日、モデルでカップルの、ぺこ(20)&りゅうちぇる(20)が東京タワーで開かれたグリコと「ONE PIECE FILM GOLD」のPRイベントに出席した。

 昨年のブレーク以降、バラエティー番組を中心に引っ張りだこの2人。あまりの人気ぶりにやっかみの声も多いそうで、ぺこは「ビジネスカップルなんじゃないかってすぐ言われる」とこぼし、りゅうちぇるも「オトナはすぐ言うよねえ~」と不満を口にした。

 テレビのギャラは「2人で1本10万円(1人5万円)」ともいわれ、破格の安さからバラエティー番組のオファーは引きも切らず。特に、りゅうちぇるは今月だけで「ヒルナンデス!」や「VS嵐」などすでに10本以上の番組に出演。1日4本の収録に臨むこともあるという。

「りゅうちぇるが中性的で、ぺこがサバサバしたキャラのため、カップルで出ていても男女の生々しさを感じません。今までにないタイプです。イヤらしさを感じないので、見ていて楽しさが伝わりやすく、りゅうちぇるが商品やキーワードを連呼するのでPRイベントのオファーが絶えないのでしょう。鈴木奈々のように言葉を連呼するだけでは飽きられるので、時々ケンカをしたり別居したり、痴話喧嘩を起こすのも話題を引っ張るポイントになるでしょう」(芸能リポーターの川内天子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る