日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

薬物疑惑ダンマリ…成宮寛貴いきなり“海外高飛び”の波紋

 芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴(34)が消息不明になっている。複数のスポーツ紙が、8日に引退コメントを書いて以降、海外に渡った可能性が高いと報じている。一体、どこに何をしに行ったのか。シンガポール経由で東南アジアに入ったという説も流れている。

 しかし、腑に落ちないのは、これまで応援してきたファンだろう。写真誌「フライデー」が2週連続で報じたコカイン吸引疑惑に対し、当初は全面否定していたが、突然の芸能界引退。そして“雲隠れ”。これでは、疑惑は本当だったのでは――と思われても仕方がない。

「今、シンガポールは“いわくつき”の人間が集まる巣窟的な場所になっています。節税目的で移住している人も多く、現地には日本人ネットワークもある。インフラも整っていて、過ごしやすい。成宮もシンガポールを拠点にして、東南アジアの国を行き来するのでは。そこでは、日本の警察も手が出せません。もし、薬物をやっていたとしたなら、海外にいる間に体からクスリを“抜く”つもりでしょう」(警視庁OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事