成宮引退に芸能リポーター城下尊之氏「事務所の判断も」

公開日: 更新日:

 ドラマ「相棒」などで知られる売れっ子俳優、成宮寛貴(34)の突然の引退劇。9日、「全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。こんな形で去っていく自分を許してください」などと書かれた直筆メッセージを所属事務所がマスコミ各社に流した。成宮は写真誌「フライデー」が2週連続で報じたコカイン吸引疑惑に対し、「私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません」と全面否定、所属事務所も法的措置を取るとしていた。芸能リポーターの城下尊之さんの見方はこうだ。

「引退し一般人に戻ることで、マスコミの追及をかわす。とにかく、もう追いかけられたくないということなのでしょう。ある映画プロデューサーは、タレントに薬物疑惑が出ただけで、オファーを保留すると言っています。万一、逮捕され、出演キャンセルとなれば、億単位の損害が出るわけですからね。それはドラマも同じですし、スポンサーも次々に離れ、仕事をしようにも続けられない袋小路に追い込まれる。メッセージにある通り、『絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップ』され、もう何もかも嫌になってしまった。所属事務所も、他の所属タレントへの影響などを考え、もう抱えきれないと判断したのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る