汗だく松岡修造、立ち飲み成宮寛貴…芸能人の六本木生態

公開日:  更新日:

 暑い日が続いてるけど、そんな日中にかぎって六本木で松岡修造サン(48)と遭遇。彼が日本にいると暑くなり、海外にいると気温が下がるなんて都市伝説もあったけど、ホントにそうなのかも。

 30度を超える猛暑の中、松岡サンは待ち合わせでもしてるのかミッドタウン前のひなたで仁王立ち。道行く人に話し掛けられると、「どうも!」「こんにちは!」と無駄に大きな声で挨拶。額は汗だくなのに拭うこともなく、ひたすら挨拶の繰り返し。もしかして待ち合わせじゃなくて、都知事選に出るつもりで街頭演説の練習でもしてたのかしら(笑い)。

 しばらく様子を見てたんだけど、あまりにも暑くてその場を離れちゃった。松岡サン、あのあと倒れてなきゃいいけど。彼はダンディーだし、汗が似合う男ってすてきよね。

■オダジョーは甚平にバーキン

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る