汗だく松岡修造、立ち飲み成宮寛貴…芸能人の六本木生態

公開日:  更新日:

 暑い日が続いてるけど、そんな日中にかぎって六本木で松岡修造サン(48)と遭遇。彼が日本にいると暑くなり、海外にいると気温が下がるなんて都市伝説もあったけど、ホントにそうなのかも。

 30度を超える猛暑の中、松岡サンは待ち合わせでもしてるのかミッドタウン前のひなたで仁王立ち。道行く人に話し掛けられると、「どうも!」「こんにちは!」と無駄に大きな声で挨拶。額は汗だくなのに拭うこともなく、ひたすら挨拶の繰り返し。もしかして待ち合わせじゃなくて、都知事選に出るつもりで街頭演説の練習でもしてたのかしら(笑い)。

 しばらく様子を見てたんだけど、あまりにも暑くてその場を離れちゃった。松岡サン、あのあと倒れてなきゃいいけど。彼はダンディーだし、汗が似合う男ってすてきよね。

■オダジョーは甚平にバーキン

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る