証言食い違いも ノンスタ井上“当て逃げ”で活動自粛のウラ

公開日: 更新日:

 たしかに井上クラスの人気芸人が、明確な“当て逃げ”の認識があったとすれば、ドライブレコーダーや監視カメラが普及しているこの時代にその場から逃走することは考えにくい。自分の首を絞める自殺行為だ。

 吉本は12日深夜にファクスで「事態を深刻に受け止め、井上とともに誠実に被害者対応に努めてまいります。被害者及び関係各位に多大なるご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます」とコメントを発表。処分が決定するまで、テレビやラジオなどのレギュラー番組、舞台への出演は自粛するという。

 ブサイクながらポジティブ思考で人気芸人の座に上り詰めた井上はピンチでの対応力が問われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  6. 6

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  7. 7

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  8. 8

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    G7の菅首相を見て思う…せめて英会話を大臣の最低条件に

もっと見る