二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

SMAP5人は来年ライバルに 芸能界は最終的には個人の才能

公開日: 更新日:

 SMAPとして最後の出演となった冠番組「スマスマ」(フジテレビ系)は5人揃っての歌(収録)はあったが、個々の挨拶はなくフィナーレを迎えた。偉大なアイドルグループとしての足跡は感動的なものだっただけに、物足りなさが残った。

 思えば、解散話が動き出したのは1年以上も前とされる。独立・解散に動いた中居正広ら4人と木村拓哉の対立軸が大きくクローズアップされた独立劇は今年の1月、くだんの番組で異例の公開謝罪。事務所がお膳立てしたテレビ謝罪を巡っては「可哀想」という意見が大半を占めシコリを残していた。

 その後の「スマスマ」の画面からもメンバー間のギクシャク感が伝わってきた。「あの状態で新たに5人が揃って歌うなんて、とても無理」と業界内では最初から紅白出場は「ない」とみられていた。埋めようのないメンバー間のミゾ。加えて事務所との間にも確執が生まれていた。副社長に「踊りは下手」と週刊誌で公然と言われたことから端を発したお家騒動。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る