桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

SMAP解散には触れず…工藤静香ディナーショー潜入ルポ

公開日: 更新日:

「これが喪服に見えますか?」

 1曲目「Again」を歌い終わったところで、客席に語りかけた静香。「バンドも毎年黒なのにねえ……」とメンバーに同意を求めたかと思ったら、「私は何を言われてもいいんですけど、お客さまのことで間違ったことを書かれていたので、神戸のお客さまに悪くてそれだけは(メルマガで)訂正させていただきました」(キリッ!)。

 というわけで、24日のクリスマスイブに京王プラザホテル(東京・西新宿)で開かれた「2016年 工藤静香ディナーショー」に行ってきました。冒頭のご立腹発言は、あのセンテンススプリングが神戸のディナーショーに潜入取材し、「客の7割が茶髪、男はみんなEXILE風」と書いたためだ。黒ずくめの衣装を「SMAP追悼の喪服」と記されたのもお気に召さなかったようだが、週刊文春も余計なことをやってくれる。こちとら3カ月前のチケット発売直後から準備してたっつうのに、この二番煎じ感、どうしてくれようか! もっともこっちも本命・明菜のチケットが即完売。次点で何かと話題の静香でも見に行くかとなったわけだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る