• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

ドラマ「下剋上受験」で好演 阿部サダヲ&深田恭子の愛嬌

 今年の中学受験はほとんど終了したが、こちらはまだ終わっていない。金曜ドラマ「下剋上受験」(TBS系)である。

 元不良で学歴は中卒という桜井信一(阿部サダヲ)が、偏差値41の娘・佳織(山田美紅羽)と中学受験に挑む。目標は偏差値71の最難関校。しかも塾へは行かず、家庭教師もつけず、信一自身が勉強しながら娘に教えている。本来なら「そりゃ無理だよ」で終わりそうだが、このドラマのベースは実話なのだ。

 佳織が小学5年生の夏に始まった猛勉強。思うように成績が伸びず、信一は会社を辞めて主夫となり、受験に集中する。代わりに専業主婦だった香夏子(深田恭子、好演)が仕事に出る事態に。このドラマの第一の見どころは、受験する子供のいる家庭でなければ知らないであろう中学受験の実態だ。「旅人算」「仕事算」など算数の難問をはじめ、小学校で普通に勉強しているだけでは、難関校突破は無理なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る