日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新ドラマ“4番手女優”に…バツイチ中山美穂が迎えた正念場

 まさに栄枯盛衰。この言葉がふさわしい女優といえば中山美穂(46)だろう。

 3月29日放送のテレビ東京系「花実のない森」、4月スタートのフジテレビ系月9「貴族探偵」と、ドラマ出演が立て続けだが、ベテラン芸能記者はこう言うのだ。

「テレ東の『花実のない森』はIT系サラリーマンの東山紀之が追いかけるファムファタール、謎の女で、『貴族探偵』は嵐の相葉雅紀主演のミステリーで、中山は召し使いのひとり。相葉を取り巻く共演女優では武井咲、仲間由紀恵、井川遥の後の4番手というポジションなんです。フジの月9では、1989年に大ヒットした『君の瞳に恋してる!』を皮切りに主演が7作あり、これは女優では最多記録。また映画各賞に輝いた『Love Letter』にミリオンヒット曲『世界中の誰よりきっと』など、女優でも歌手でもトップを走っていた頃と比べると悪いが、仕事ぶりの落差が激しいといえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事