• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマで話題の塾ナシ“下剋上受験” 経験者が勉強法を語る

 偏差値41の娘が塾にも通わず父親と一緒に猛勉強して、難関中学を目指すドラマ「下剋上受験」が話題だ。実話がベースで、塾に行けない貧困家族や成績の振るわない子供にとってはうれしい話だが、そんな“下克上”は可能なのか。

 偏差値60後半の私立中学の教師が言う。

「中学受験の上位校では、教科書で扱わない内容が出題され、社会では時事問題が必須で、受験対策は塾でカバーするのが一般的。しかし、偏差値については、その子の意志や的確な指導があれば、20~30のアップは十分可能です」

 話題になった「ビリギャル」も、偏差値30アップの裏にはカリスマ塾講師がいたが、塾ナシの親はどんなサポートをすればいいのか。ノンフィクション「強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話」(徳間書店)の著者で、3兄弟の長男・宝槻泰伸氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る