日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

深夜っぽさに贅沢感も 堤真一「左江内氏」が面白い理由

 堤真一主演「スーパーサラリーマン左江内氏」は、今期ドラマで最も笑える一本である。ただし誰もが笑えるかどうかは微妙。何しろ脚本・演出が「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京系)の福田雄一監督なのだ。あのテイストが好きな人なら、とことん楽しめる。

 地味なサラリーマン・左江内(堤)が、ひょんなことからスーパーマンになった。会社ではほぼ戦力外で、家庭では鬼嫁・円子(小泉今日子)に支配されている左江内だが、遭難しかけたトレジャーボートを助けたり、遊園地の爆弾事件を解決したりと大忙しだ。

 しかし、そんな活躍よりも、このドラマのキモは左江内と円子の家庭内バトルにある。特に円子に関しては、演じる小泉の愛すべきヤンキー性をフル活用すべく、藤子・F・不二雄先生の原作より強烈なキャラに変更され、バトルというより一方的な勝負。一度言い出したら誰も止められない円子と、無駄と知りつつ抵抗する左江内のやりとりが毎回、苦笑いを誘う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事