二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

すでに両家公認の噂も 嵐・櫻井翔は結婚でアイドル卒業か

公開日: 更新日:

 嵐の櫻井翔(35)とテレ朝の小川彩佳アナ(32)の熱愛を報じた「週刊ポスト」誌。長期間にわたる取材陣の執念と熱意を感じとれるスクープだった。多忙な2人が寸暇を惜しんでお互いのマンションを行き来する現場から、小川の誕生日を高級ホテルで過ごす様子など、「少しの時間でも会いたい」という恋人同士ならではの心理が伝わってくるものだった。2人の熱愛現場という事実の積み重ねから「熱愛追跡」のタイトルにつながっている。

 かつて“嵐”の熱愛では、大野智(36)は即座に「もう会わない」と宣言。二宮和也(33)、松本潤(33)は無言を通し、スルーした。櫻井は事務所を通じ「親しい友達の一人です」とだけコメントを出した。同じメンバーにして同じ熱愛だが、今回は対応に差がある。

 櫻井はジャニーズ中でもっともアイドルらしくないアイドルと言われる。週1でキャスターを務めている姿がすっかり板につき評価も上々。最近は嵐のメンバーとして歌い踊る姿のほうに違和感を覚えるほど。ちなみに、役者として貫禄がついたV6の岡田准一もしかり。2人にはアイドルを卒業してキャスター、役者で本格的に活躍する姿を見たいとさえ思う。櫻井の相手の小川もテレ朝の看板キャスターとして評判通りの才媛ぶりを発揮している。まさに似合いのカップル。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る