二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

すでに両家公認の噂も 嵐・櫻井翔は結婚でアイドル卒業か

公開日:  更新日:

 嵐の櫻井翔(35)とテレ朝の小川彩佳アナ(32)の熱愛を報じた「週刊ポスト」誌。長期間にわたる取材陣の執念と熱意を感じとれるスクープだった。多忙な2人が寸暇を惜しんでお互いのマンションを行き来する現場から、小川の誕生日を高級ホテルで過ごす様子など、「少しの時間でも会いたい」という恋人同士ならではの心理が伝わってくるものだった。2人の熱愛現場という事実の積み重ねから「熱愛追跡」のタイトルにつながっている。

 かつて“嵐”の熱愛では、大野智(36)は即座に「もう会わない」と宣言。二宮和也(33)、松本潤(33)は無言を通し、スルーした。櫻井は事務所を通じ「親しい友達の一人です」とだけコメントを出した。同じメンバーにして同じ熱愛だが、今回は対応に差がある。

 櫻井はジャニーズ中でもっともアイドルらしくないアイドルと言われる。週1でキャスターを務めている姿がすっかり板につき評価も上々。最近は嵐のメンバーとして歌い踊る姿のほうに違和感を覚えるほど。ちなみに、役者として貫禄がついたV6の岡田准一もしかり。2人にはアイドルを卒業してキャスター、役者で本格的に活躍する姿を見たいとさえ思う。櫻井の相手の小川もテレ朝の看板キャスターとして評判通りの才媛ぶりを発揮している。まさに似合いのカップル。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る