低迷フジを救うのは誰だ 社長後継争いは“三つ巴”の戦いに

公開日:

 次の社長は誰なのか。フジテレビ局内はもっぱら、この話題で持ちきりだという。

 きっかけは発売中の「週刊現代」。現社長の亀山千広氏(60)の“後継”に、専務の遠藤龍之介氏(60)が内定したと報じている。

 遠藤氏の父親は作家の遠藤周作。フジでは主に広報畑を歩み、05年にライブドアによるニッポン放送買収騒動が起こった時、広報部長だった遠藤氏がマスコミ対策を取り仕切ったことで名をあげた。ジャニーズやナベプロなど大手芸能事務所のトップとも“ツーカー”の仲で、その人柄の良さから、社内外で評判の人物だという。

「週刊現代が発売された翌日、亀山社長が“謎の病欠”をしたんです。理由は腰痛というもの。その日は大事な会議があったにもかかわらずです。ある幹部は『このタイミングで休まれると困るんだよなあ』とぼやいていました。このまま社長交代となれば、『やはり亀山氏は失敗だった』と言われてしまう。数々のヒット作を飛ばしてきた亀山氏のプライドはズタズタです」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る