低迷フジを救うのは誰だ 社長後継争いは“三つ巴”の戦いに

公開日: 更新日:

 次の社長は誰なのか。フジテレビ局内はもっぱら、この話題で持ちきりだという。

 きっかけは発売中の「週刊現代」。現社長の亀山千広氏(60)の“後継”に、専務の遠藤龍之介氏(60)が内定したと報じている。

 遠藤氏の父親は作家の遠藤周作。フジでは主に広報畑を歩み、05年にライブドアによるニッポン放送買収騒動が起こった時、広報部長だった遠藤氏がマスコミ対策を取り仕切ったことで名をあげた。ジャニーズやナベプロなど大手芸能事務所のトップとも“ツーカー”の仲で、その人柄の良さから、社内外で評判の人物だという。

「週刊現代が発売された翌日、亀山社長が“謎の病欠”をしたんです。理由は腰痛というもの。その日は大事な会議があったにもかかわらずです。ある幹部は『このタイミングで休まれると困るんだよなあ』とぼやいていました。このまま社長交代となれば、『やはり亀山氏は失敗だった』と言われてしまう。数々のヒット作を飛ばしてきた亀山氏のプライドはズタズタです」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る