NHK激震 “2枚看板アナ”有働由美子&桑子真帆に独立情報

公開日:

 NHKの看板アナウンサー2人に、独立&フリー転身話が浮上している。1人は「あさイチ」の司会を務める有働由美子アナ(47)。もう1人は4月からNHKの看板番組「ニュースウオッチ9」のメーンキャスターに抜擢される桑子真帆アナ(29)だ。

「2人の共通点は報道もバラエティーも両方こなせること。本当にNHKを去るとしたら、その損失と影響力は計り知れない。NHKでは内々に、情報の裏取りと本人の意思確認を行っているようです」(NHK関係者)

 どうやら有働アナは、仕事に対する不満が一番の理由らしい。きっかけは、昨年の大晦日に行われた紅白歌合戦。4年連続で総合司会を務めていた有働アナだが、まさかの落選になったのだ。

「有働アナは『5年連続総合司会を花道に紅白を卒業する』と周囲の親しいスタッフに語っていた。NHKの局アナの衣装は自腹で有名なのですが、有働アナは紅白仕様の衣装をすでに発注までしていたというんです。しかも、メディアで報じられていた“エグゼクティブアナ”への昇進も見送られ、女性初のNHK理事も厳しいでしょう」(前出のNHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る