• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK激震 “2枚看板アナ”有働由美子&桑子真帆に独立情報

 NHKの看板アナウンサー2人に、独立&フリー転身話が浮上している。1人は「あさイチ」の司会を務める有働由美子アナ(47)。もう1人は4月からNHKの看板番組「ニュースウオッチ9」のメーンキャスターに抜擢される桑子真帆アナ(29)だ。

「2人の共通点は報道もバラエティーも両方こなせること。本当にNHKを去るとしたら、その損失と影響力は計り知れない。NHKでは内々に、情報の裏取りと本人の意思確認を行っているようです」(NHK関係者)

 どうやら有働アナは、仕事に対する不満が一番の理由らしい。きっかけは、昨年の大晦日に行われた紅白歌合戦。4年連続で総合司会を務めていた有働アナだが、まさかの落選になったのだ。

「有働アナは『5年連続総合司会を花道に紅白を卒業する』と周囲の親しいスタッフに語っていた。NHKの局アナの衣装は自腹で有名なのですが、有働アナは紅白仕様の衣装をすでに発注までしていたというんです。しかも、メディアで報じられていた“エグゼクティブアナ”への昇進も見送られ、女性初のNHK理事も厳しいでしょう」(前出のNHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る