日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

手がけるのは爆死フジ…新垣結衣“卓球映画”に3つの不安

 昨年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でトップ女優に躍り出たガッキーこと新垣結衣(28)。今年も映画やドラマに引っ張りだこだ。今秋には瑛太と初共演する映画「ミックス。」が公開予定。卓球を題材としたロマンチックコメディーだ。ガッキーが懸命にラケットを振り回す姿を、想像しただけでもキュンとしてしまう。ヒット確実と思いきや、いくつかの不安要素があるという。

「今回は東宝とフジテレビがタッグを組んでやる。作るのは新垣も出演したフジのドラマ『リーガル・ハイ』の制作陣です。ただ、今のフジテレビにヒット作が作れるのか。1月クールのドラマで視聴率が10%を超えているのは、草彅剛主演の『嘘の戦争』だけ。あとは月9をはじめ、爆死状態です」(映画関係者)

 また、新垣と同じ事務所で、芸能界から引退した女優の清水富美加の影響も少なからずあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事