“コケられない大御所”水橋文美江氏が挑む家族の再生物語

公開日:

 日本テレビ系水曜10時枠ドラマは、3人の独身アラサー女のドタバタ恋愛ドラマ「東京タラレバ娘」から一変、「母」をテーマにした重厚なドラマで勝負を懸ける。

 “完全な母”になりきれずに悩む3人の女性を沢尻エリカ、板谷由夏、小池栄子の3人が演じる。最近、重いテーマのドラマは視聴率的には低調だが、あえて家族の再生物語という重いテーマに挑んだのが、女性の心理を描くことに定評がある大御所脚本家の水橋文美江だ。

 64年、石川県生まれの水橋は、89年の第3回フジテレビヤングシナリオ大賞への応募をきっかけに、90年に脚本家としてデビュー。91年「葡萄が目にしみる」(林真理子原作・戸田菜穂主演)、92年「さよならをもう一度」(石田純一主演)と着々とキャリアを積み上げ、94年には月9ドラマ「妹よ」(和久井映見主演)では平均視聴率24.6%、最終回には30.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、各局の連ドラや日本テレビ系の「24時間テレビドラマスペシャル」などの常連脚本家となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る