“コケられない大御所”水橋文美江氏が挑む家族の再生物語

公開日:

 日本テレビ系水曜10時枠ドラマは、3人の独身アラサー女のドタバタ恋愛ドラマ「東京タラレバ娘」から一変、「母」をテーマにした重厚なドラマで勝負を懸ける。

 “完全な母”になりきれずに悩む3人の女性を沢尻エリカ、板谷由夏、小池栄子の3人が演じる。最近、重いテーマのドラマは視聴率的には低調だが、あえて家族の再生物語という重いテーマに挑んだのが、女性の心理を描くことに定評がある大御所脚本家の水橋文美江だ。

 64年、石川県生まれの水橋は、89年の第3回フジテレビヤングシナリオ大賞への応募をきっかけに、90年に脚本家としてデビュー。91年「葡萄が目にしみる」(林真理子原作・戸田菜穂主演)、92年「さよならをもう一度」(石田純一主演)と着々とキャリアを積み上げ、94年には月9ドラマ「妹よ」(和久井映見主演)では平均視聴率24.6%、最終回には30.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、各局の連ドラや日本テレビ系の「24時間テレビドラマスペシャル」などの常連脚本家となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る