• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「別に…」も芸の肥やし CM話題の沢尻エリカ“不死鳥伝説”

 沢尻エリカ(30)のCMキャンペーン電話が話題だ。

 サントリーの缶チューハイ「ほろよい」CM中に表示される番号に電話をすると、リカちゃん電話のように折り返し電話がかかってくるというもの。たった5日で、なんと5万件以上の着信があったというから驚きである。

 CMではゆるふわ~な“癒やしキャラ”に変身。映画「パッチギ!」(05年)では正統派美少女、「別に……」発言(07年)で総スカンは食らったものの、ドラマ「ファーストクラス」(14年)では、けなげにデザイナーを目指す“いじめられ役”での新境地、そして今年は“癒やしキャラ”と見事な転身を果たしている。

 コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「癒やしキャラではあるけれど、既に世の男性はエリカ様のドSな“裏の顔”も知っている。それだけに、CMで笑ってくれただけでありがたく感じさせて、男のドM心をくすぐる内容になっています。『エリカ様から電話が来ただけでうれしい』という男心がさらに電話の盛り上がりにもつながっていると思います。過去の“エリカ様”事件は単なる若気の至り。ゲス不倫と違い、嘘をついたわけでもないし、身を削った失敗というだけで人に迷惑をかけたわけではないから女優として受け入れられる要素もあります。『ファーストクラス』のいじめられ役で印象を軟化させ、過去の失敗も芸の肥やしにしてしまうあたりさすが上物の女優です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る