「別に…」も芸の肥やし CM話題の沢尻エリカ“不死鳥伝説”

公開日:

 沢尻エリカ(30)のCMキャンペーン電話が話題だ。

 サントリーの缶チューハイ「ほろよい」CM中に表示される番号に電話をすると、リカちゃん電話のように折り返し電話がかかってくるというもの。たった5日で、なんと5万件以上の着信があったというから驚きである。

 CMではゆるふわ~な“癒やしキャラ”に変身。映画「パッチギ!」(05年)では正統派美少女、「別に……」発言(07年)で総スカンは食らったものの、ドラマ「ファーストクラス」(14年)では、けなげにデザイナーを目指す“いじめられ役”での新境地、そして今年は“癒やしキャラ”と見事な転身を果たしている。

 コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「癒やしキャラではあるけれど、既に世の男性はエリカ様のドSな“裏の顔”も知っている。それだけに、CMで笑ってくれただけでありがたく感じさせて、男のドM心をくすぐる内容になっています。『エリカ様から電話が来ただけでうれしい』という男心がさらに電話の盛り上がりにもつながっていると思います。過去の“エリカ様”事件は単なる若気の至り。ゲス不倫と違い、嘘をついたわけでもないし、身を削った失敗というだけで人に迷惑をかけたわけではないから女優として受け入れられる要素もあります。『ファーストクラス』のいじめられ役で印象を軟化させ、過去の失敗も芸の肥やしにしてしまうあたりさすが上物の女優です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る