「別に…」も芸の肥やし CM話題の沢尻エリカ“不死鳥伝説”

公開日: 更新日:

 沢尻エリカ(30)のCMキャンペーン電話が話題だ。

 サントリーの缶チューハイ「ほろよい」CM中に表示される番号に電話をすると、リカちゃん電話のように折り返し電話がかかってくるというもの。たった5日で、なんと5万件以上の着信があったというから驚きである。

 CMではゆるふわ~な“癒やしキャラ”に変身。映画「パッチギ!」(05年)では正統派美少女、「別に……」発言(07年)で総スカンは食らったものの、ドラマ「ファーストクラス」(14年)では、けなげにデザイナーを目指す“いじめられ役”での新境地、そして今年は“癒やしキャラ”と見事な転身を果たしている。

 コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

「癒やしキャラではあるけれど、既に世の男性はエリカ様のドSな“裏の顔”も知っている。それだけに、CMで笑ってくれただけでありがたく感じさせて、男のドM心をくすぐる内容になっています。『エリカ様から電話が来ただけでうれしい』という男心がさらに電話の盛り上がりにもつながっていると思います。過去の“エリカ様”事件は単なる若気の至り。ゲス不倫と違い、嘘をついたわけでもないし、身を削った失敗というだけで人に迷惑をかけたわけではないから女優として受け入れられる要素もあります。『ファーストクラス』のいじめられ役で印象を軟化させ、過去の失敗も芸の肥やしにしてしまうあたりさすが上物の女優です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る