くさや炎上も…ファブリーズ&八丈島が新CMで“臭い仲”に

公開日:

 昨年末に大炎上したP&Gの消臭剤ファブリーズがCMで怒らせた「くさや」の産地と和解。新CMを発表して話題になっている。

 問題になったCMは「究極対決 ファブリーズVSくさや」というもので、くさやのみの箱と、くさやとファブリーズが入った箱が用意され、ファブリーズの消臭効果を検証する内容。くさやの入った箱を嗅いだときの表情とコメントが「悪ノリすぎ」「生産者をバカにしている」と炎上。300年以上続く八丈島のソウルフードだけに、地元議員などからも抗議が殺到。P&G社は「配慮に欠けた内容があった」と、放映を中止する事態に陥った。

 それがまたもや「くさや」をイジった新CMである。これはもしや炎上商法なのか。P&Gに聞いてみると意外な答えが返ってきた。

「生産者側からCM中断を機に“臭い”の代表としてくさやを扱ってもらえなくなるのではという心配から、CMを中止しないでほしい、というご意見が寄せられました」(広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る