松田聖子カットのサロン倒産 カリスマ美容師ブームの末路

公開日: 更新日:

 東京・青山や表参道などで美容室を展開していた「HAIR DIMENSION」と関連会社の「ヘアーディメンションホールディングス」が、東京地裁から12日付で破産開始決定を受けていたことが先週明らかになった。

 ヘアーディメンションは、75年に設立。80年代の聖子ちゃんカット、2000年代のカリスマ美容師ブームと常に時代を牽引してきた。一時期は藤原紀香浜崎あゆみなどタレントやモデルがこぞって通い、「料理の鉄人」の美容師版「シザーズリーグ」の放送後は全国から客が殺到、予約のとれない美容室の代名詞となった。

■時代の変化で客単価が半減

 そんな超有名店が倒産に追いやられたのは、美容師の独立とトレンドの変化、それに対応できなかった“カリスマ”たちの自業自得という声が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る