松田聖子カットのサロン倒産 カリスマ美容師ブームの末路

公開日:

 東京・青山や表参道などで美容室を展開していた「HAIR DIMENSION」と関連会社の「ヘアーディメンションホールディングス」が、東京地裁から12日付で破産開始決定を受けていたことが先週明らかになった。

 ヘアーディメンションは、75年に設立。80年代の聖子ちゃんカット、2000年代のカリスマ美容師ブームと常に時代を牽引してきた。一時期は藤原紀香、浜崎あゆみなどタレントやモデルがこぞって通い、「料理の鉄人」の美容師版「シザーズリーグ」の放送後は全国から客が殺到、予約のとれない美容室の代名詞となった。

■時代の変化で客単価が半減

 そんな超有名店が倒産に追いやられたのは、美容師の独立とトレンドの変化、それに対応できなかった“カリスマ”たちの自業自得という声が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る