週刊誌のジャニーズ人気ランク 伊野尾慧はなぜ嫌われる?

公開日:

「好きなジャニーズ、嫌いなジャニーズ」特集を週刊女性と週刊文春が掲載している“嫌いな”部門が大荒れだ。SMAPの解散問題で“ぼっち化”が進んだキムタクが1位なのだが、それより注目されているのがHey!Say!JUMP伊野尾慧(26)の大躍進(!?)。

 昨年の圏外からいきなりトップ10入り。「甘えんぼキャラ」をウリにしているが、昨年9月にセクシーアイドル「恵比寿★マスカッツ」の明日花キララ(27)とのデート報道、12月には自身が出演するフジテレビ系「めざましテレビ」の三上真奈アナ(28)と、裏番組のTBS系「あさチャン!」宇垣美里アナ(26)の二股報道と女性関係が次々発覚。

 NEWSの手越祐也(29)に続く「羊の皮をかぶった狼王子」ともっぱらで、ネット上でも「カワイコぶって裏の顔が酷い」「許されていると思っているのが腹立たしい」など伊野尾を非難するコメントが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る