主演作は大爆死 野村周平に足りない“イケメン以上”の実力

公開日: 更新日:

 ここ数年、映画界で大流行しているのが若い女性から圧倒的な支持を得る若手イケメンをぞろぞろ集めた映画だ。4月29日に公開される映画「帝一の國」もそんな作品の代表格。主演の菅田将暉、脇を固める野村周平竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳千葉雄大ら各芸能事務所イチ押しのイケメンが勢ぞろいで、大ヒットが見込まれている。

 しかしながら、イケメンの力だけではどうにもヒットしなかったのが野村周平(23)の主演作で前・後編が製作された「サクラダリセット」だった。

 野村といえば女優の水原希子と交際中で、昨年はお泊まり温泉デートが写真誌にスクープされるなど当代きってのモテモテ俳優。中国語もペラペラで、今後は日本を飛び越えて海外での活躍も期待されている。そんな注目株の主演映画だったが……。

「『サクラダ――』は3月25日公開にもかかわらず、すでに都内を含め、大半の劇場で公開を打ち切ってしまった。要は、回していても客が入らないから。野村は脇ではそれなりにいい味を出すが、主演はまだまだ力不足。荷が重かった」(映画ライター)

「サクラダ――」は今のところ5月13日公開の後編もヒットの可能性が薄いだけに、野村はイケメンというだけでは破れない壁を知ることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る