主演作は大爆死 野村周平に足りない“イケメン以上”の実力

公開日:

 ここ数年、映画界で大流行しているのが若い女性から圧倒的な支持を得る若手イケメンをぞろぞろ集めた映画だ。4月29日に公開される映画「帝一の國」もそんな作品の代表格。主演の菅田将暉、脇を固める野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大ら各芸能事務所イチ押しのイケメンが勢ぞろいで、大ヒットが見込まれている。

 しかしながら、イケメンの力だけではどうにもヒットしなかったのが野村周平(23)の主演作で前・後編が製作された「サクラダリセット」だった。

 野村といえば女優の水原希子と交際中で、昨年はお泊まり温泉デートが写真誌にスクープされるなど当代きってのモテモテ俳優。中国語もペラペラで、今後は日本を飛び越えて海外での活躍も期待されている。そんな注目株の主演映画だったが……。

「『サクラダ――』は3月25日公開にもかかわらず、すでに都内を含め、大半の劇場で公開を打ち切ってしまった。要は、回していても客が入らないから。野村は脇ではそれなりにいい味を出すが、主演はまだまだ力不足。荷が重かった」(映画ライター)

「サクラダ――」は今のところ5月13日公開の後編もヒットの可能性が薄いだけに、野村はイケメンというだけでは破れない壁を知ることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る