小原玲
著者のコラム一覧
小原玲動物写真家

1961年、東京生まれ。茨城大学人文学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンを経て、フリーランスの報道写真家として活動。アザラシの赤ちゃんとの出合いを機に動物写真家に転身。新著は北海道でのみ生息し、雪の妖精とも呼ばれる体長14センチの小さな鳥「シマエナガ」を追いかけた写真集「シマエナガちゃん」(講談社ビーシー)。

<1> 巨人・定岡の小指が立った瞬間に「いまだ!」

公開日: 更新日:
フライデー誌面から(撮影・小原玲)

 写真週刊誌「フライデー」創刊時はエースカメラマンとして活躍。その後は報道カメラマンとして戦地も飛び回ったが、いつしか動物写真家に転身した小原玲氏。彼はどんな時代を写してきたのか。

■楽しんで撮影する「原点」の1枚

 写…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  9. 9

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  10. 10

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る