AKB帝国の根幹揺さぶる 須藤凜々花の“恋愛至上主義”宣言

公開日: 更新日:

「どんな批判も覚悟の上です。それでも自分の口で言いたかった」

 先日、沖縄で開催された第9回AKB48選抜総選挙で「結婚宣言」したNMB48の須藤凜々花(20)が21日、都内で会見を行った。須藤は総選挙という特別な場にもかかわらず、個人の事情で水を差したことを謝罪。メンバーや関係者、ファンを騒がせたことを何度も詫びたが、「好きな人ができた時点で卒業は考えていた」「初めて人を好きになって思ったのは、恋愛禁止というルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃないと思う」と真剣な表情で語った。

 相手は都内在住の20代男性で、ファンではなく、母親の誕生日会で知り合ったという。前代未聞の結婚宣言後、総合プロデューサーの秋元康氏など運営側からは慰留されたそうだが、時期は未定ながら卒業の意向。その後は哲学者になるという夢をかなえるために大学受験も考えていると明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る