豊原功補と公私で二人三脚 小泉今日子がのんに救いの手?

公開日:

 15年3月に一部で交際が報じられた歌手・女優の小泉今日子(51)と俳優の豊原功補(51)。ともにバツイチ同士だが、その後、ゴールイン説も囁かれていたがどうなっているのか。

「15年2月、都内に小泉は自分が代表取締役の個人事務所を設立。その事務所を構えたビルの一室が豊原の個人事務所で、この時点でかなり親密な関係だったようです」(週刊誌記者)

 そんな2人だが、今やすっかり深い絆で結ばれたビジネスパートナーとなっていたようだ。

 5月26日から6月4日まで東京・紀伊國屋ホールで上演されたのが舞台「名人長二」。この舞台、企画・制作を手がけたのが小泉が仲間たちと立ち上げた演劇プロジェクト「明後日」。そして、豊原は企画・脚本・演出・主演の1人4役をつとめていたのだ。

「モロ師岡、高橋恵子ら演技派が脇を固め、玄人筋にも高評価を受けた。公演期間中、小泉は著名人らが訪れた際はロビーにやって来てあいさつするなど、“裏方”として豊原を支えていました」(演劇関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る