• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

渡辺謙の不倫騒動 南果歩が“肝っ玉コメント”に隠した心情

「これも、あれも、人生を振り返って、どこまで腹をくくれるか」と南果歩(53)は言った。今月スタートの主演ドラマ「定年女子」(NHK・BSプレミアム)の会見でのこと。俳優の夫、渡辺謙(57)の36歳宝石デザイナーとの不倫密会劇を3月に報じられて以来、初めてマスコミの前に姿を見せた。

 報道陣の注目が集まる中、南は「心身ともに落ち込んでいた」と夫の状況を明かし、その上で箱根駅伝を例に人生も後半戦で同じ景色も違って見えるとし、「いかに立て直すか」と前を向いてみせた。

 内助の功をアピールし、大きく広い心でもって夫の不実をも受け入れようというのだろうが、「夫の不倫をなじったり、批判すると、ブーメランのように自分のところに戻ってくる。それが分かっているからこそ、ああした言い方しかできなかったのでしょう」(芸能リポーター)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る