暴走の松居一代に“包囲網” 船越英一郎との離婚調停の行方

公開日:  更新日:

 病膏肓に入る――。中国の故事に基づく言葉で、治療の施しようがないアブナイ状態を意味するが、ブログやツイッター、ユーチューブなどネットを駆使して、連日の暴露を続けているタレントの松居一代(60)を診断するとすれば、まさに「付けるクスリなし」だろう。

 夫で俳優の船越英一郎(56)を「バイアグラ男」と名付けるなど、過激発言はエスカレートする一方。9日には宮根誠司が司会の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)に生放送での出演を電話で直談判。番組側は一方的な言い分の垂れ流しになる恐れを危惧して生出演を拒否したが、本人は芸能界引退覚悟の捨て身で発信を続けている。そんな中、松居の動きを止めようとする“包囲網”は着実に狭まってきている。

 松居が船越の不倫相手と主張しているハワイ在住の女性が、事実無根として松居を名誉毀損で連邦地裁に提訴する意向であると、8日付のスポニチが報道。米国基準の名誉毀損が認められれば、億単位の賠償金額が発生する可能性もある。いくら松居が資産家であっても負ければ相当の痛手のはずだ。さらに、松居の主張が虚偽であった場合、偽計業務妨害罪での立件の可能性も指摘されている。しかし、松居の暴走は止まる気配なし……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る