暴走の松居一代に“包囲網” 船越英一郎との離婚調停の行方

公開日: 更新日:

 病膏肓に入る――。中国の故事に基づく言葉で、治療の施しようがないアブナイ状態を意味するが、ブログやツイッター、ユーチューブなどネットを駆使して、連日の暴露を続けているタレントの松居一代(60)を診断するとすれば、まさに「付けるクスリなし」だろう。

 夫で俳優の船越英一郎(56)を「バイアグラ男」と名付けるなど、過激発言はエスカレートする一方。9日には宮根誠司が司会の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)に生放送での出演を電話で直談判。番組側は一方的な言い分の垂れ流しになる恐れを危惧して生出演を拒否したが、本人は芸能界引退覚悟の捨て身で発信を続けている。そんな中、松居の動きを止めようとする“包囲網”は着実に狭まってきている。

 松居が船越の不倫相手と主張しているハワイ在住の女性が、事実無根として松居を名誉毀損で連邦地裁に提訴する意向であると、8日付のスポニチが報道。米国基準の名誉毀損が認められれば、億単位の賠償金額が発生する可能性もある。いくら松居が資産家であっても負ければ相当の痛手のはずだ。さらに、松居の主張が虚偽であった場合、偽計業務妨害罪での立件の可能性も指摘されている。しかし、松居の暴走は止まる気配なし……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  8. 8

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る