• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暴走の松居一代に“包囲網” 船越英一郎との離婚調停の行方

 病膏肓に入る――。中国の故事に基づく言葉で、治療の施しようがないアブナイ状態を意味するが、ブログやツイッター、ユーチューブなどネットを駆使して、連日の暴露を続けているタレントの松居一代(60)を診断するとすれば、まさに「付けるクスリなし」だろう。

 夫で俳優の船越英一郎(56)を「バイアグラ男」と名付けるなど、過激発言はエスカレートする一方。9日には宮根誠司が司会の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)に生放送での出演を電話で直談判。番組側は一方的な言い分の垂れ流しになる恐れを危惧して生出演を拒否したが、本人は芸能界引退覚悟の捨て身で発信を続けている。そんな中、松居の動きを止めようとする“包囲網”は着実に狭まってきている。

 松居が船越の不倫相手と主張しているハワイ在住の女性が、事実無根として松居を名誉毀損で連邦地裁に提訴する意向であると、8日付のスポニチが報道。米国基準の名誉毀損が認められれば、億単位の賠償金額が発生する可能性もある。いくら松居が資産家であっても負ければ相当の痛手のはずだ。さらに、松居の主張が虚偽であった場合、偽計業務妨害罪での立件の可能性も指摘されている。しかし、松居の暴走は止まる気配なし……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る