本村凌二
著者のコラム一覧
本村凌二

早稲田大学特任教授、東京大学名誉教授。博士(文学)、西洋古代史専攻。1947年、熊本県生まれ。著書に「愛欲のローマ史」(講談社)、「ローマ帝国 人物列伝」(祥伝社新書)、「競馬の世界史」(中公新書)などがあり、今月3日に少年期からこよなく愛したファンとして「裕次郎」(講談社)を上梓。

若者の心に東京への思慕を再生産する原動力だった

公開日: 更新日:
石原裕次郎とまき子夫人(北原三枝)/(C)共同通信社

 若くして脚光を浴びたせいで、裕次郎は慶応大学を中退し、俳優の道を歩みだす。それでも「俳優は男子一生の仕事にあらず」とうそぶいていたから、どこかに居心地の悪さを感じていたのかもしれない。「自分とは別の人間がつくりあげられていく」ことについて、戦争で敵弾に当たって一度死んで? 生き…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る