過保護すぎる? 高畑淳子が描く息子・裕太の“逆輸入計画”

公開日: 更新日:

「不肖の息子」の代表となった高畑裕太(23)。8月に40代の女性ホテル従業員に対する強姦致傷容疑で逮捕されたが、先月9日には被害女性との間で示談が成立し、不起訴処分で釈放された。同日、所属事務所から解雇されて1カ月。現在は埼玉県内の心療内科専門病院で入院生活を送っているが、母親の高畑淳子(61)は、まだこのドラ息子の芸能界復帰を諦めきれないらしい。

 発売中の「女性自身」が、母が画策する息子の海外留学計画を報じている。事件を起こした原因のひとつに「社会経験の少なさ」を指摘されたからなのか、裕太を米ロサンゼルスなどに語学留学させ、現地でのバイト生活など芸能界以外の社会経験をさせるというもので、思い描くのは、米国で語学留学後、香港でスカウトされたディーン・フジオカ(36)のような“逆輸入”プラン。ほとぼりが冷めるまで海外で武者修行させ、世間が忘れた頃に華々しく凱旋させるつもりなのだろう。

 留学先でも事件を起こさないよう、しばらくは姉で女優のこと美(29)が監視役として同行する計画もあるという。親バカもここに極まれりか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  5. 5

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る