過保護すぎる? 高畑淳子が描く息子・裕太の“逆輸入計画”

公開日:  更新日:

「不肖の息子」の代表となった高畑裕太(23)。8月に40代の女性ホテル従業員に対する強姦致傷容疑で逮捕されたが、先月9日には被害女性との間で示談が成立し、不起訴処分で釈放された。同日、所属事務所から解雇されて1カ月。現在は埼玉県内の心療内科専門病院で入院生活を送っているが、母親の高畑淳子(61)は、まだこのドラ息子の芸能界復帰を諦めきれないらしい。

 発売中の「女性自身」が、母が画策する息子の海外留学計画を報じている。事件を起こした原因のひとつに「社会経験の少なさ」を指摘されたからなのか、裕太を米ロサンゼルスなどに語学留学させ、現地でのバイト生活など芸能界以外の社会経験をさせるというもので、思い描くのは、米国で語学留学後、香港でスカウトされたディーン・フジオカ(36)のような“逆輸入”プラン。ほとぼりが冷めるまで海外で武者修行させ、世間が忘れた頃に華々しく凱旋させるつもりなのだろう。

 留学先でも事件を起こさないよう、しばらくは姉で女優のこと美(29)が監視役として同行する計画もあるという。親バカもここに極まれりか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る