マスコミにも笑顔で対応 松居一代“態度急変”の思惑と計算

公開日:

 かなりのイメチェンではないか。俳優の船越英一郎(57)と離婚騒動を繰り広げているタレントの松居一代(60)が、20日にボランティア先の福岡から東京の自宅に帰宅。集結したマスコミに笑顔で対応し、「(松居劇場には)終止符を打った。(離婚裁判になった場合は)私が出廷します」と宣言した。

 しかし、見た目や雰囲気が随分変わったものだ。7月上旬にユーチューブで船越を告発した際には、ノーメークでまるで般若のような形相だったが、それが打って変わって、和らいだ表情に。福岡の被災地でのボランティアでは、麦わら帽子にタオル、軍手に長靴姿で、土砂を運び出す様子が報じられた。

「ユーチューブで船越のことを『バイアグラ男』と罵倒したりしたのは、さすがに世間の印象が悪すぎた。それは本人も気づいていて、ブログの内容も随分さわやかなものに変わっています。船越の事務所が松居の発言の差し止めを求める仮処分を申し立てたのも効いているでしょう。それまではマスコミの追跡から逃げ回り、一部週刊誌の取材にしか答えていませんでしたが、今回帰宅した際には、気さくに取材に応じていた。このあたりの空気を読んだ“対応”は見事といっていいでしょう」(ベテランの芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る