マスコミにも笑顔で対応 松居一代“態度急変”の思惑と計算

公開日:

 かなりのイメチェンではないか。俳優の船越英一郎(57)と離婚騒動を繰り広げているタレントの松居一代(60)が、20日にボランティア先の福岡から東京の自宅に帰宅。集結したマスコミに笑顔で対応し、「(松居劇場には)終止符を打った。(離婚裁判になった場合は)私が出廷します」と宣言した。

 しかし、見た目や雰囲気が随分変わったものだ。7月上旬にユーチューブで船越を告発した際には、ノーメークでまるで般若のような形相だったが、それが打って変わって、和らいだ表情に。福岡の被災地でのボランティアでは、麦わら帽子にタオル、軍手に長靴姿で、土砂を運び出す様子が報じられた。

「ユーチューブで船越のことを『バイアグラ男』と罵倒したりしたのは、さすがに世間の印象が悪すぎた。それは本人も気づいていて、ブログの内容も随分さわやかなものに変わっています。船越の事務所が松居の発言の差し止めを求める仮処分を申し立てたのも効いているでしょう。それまではマスコミの追跡から逃げ回り、一部週刊誌の取材にしか答えていませんでしたが、今回帰宅した際には、気さくに取材に応じていた。このあたりの空気を読んだ“対応”は見事といっていいでしょう」(ベテランの芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る