• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マスコミにも笑顔で対応 松居一代“態度急変”の思惑と計算

 かなりのイメチェンではないか。俳優の船越英一郎(57)と離婚騒動を繰り広げているタレントの松居一代(60)が、20日にボランティア先の福岡から東京の自宅に帰宅。集結したマスコミに笑顔で対応し、「(松居劇場には)終止符を打った。(離婚裁判になった場合は)私が出廷します」と宣言した。

 しかし、見た目や雰囲気が随分変わったものだ。7月上旬にユーチューブで船越を告発した際には、ノーメークでまるで般若のような形相だったが、それが打って変わって、和らいだ表情に。福岡の被災地でのボランティアでは、麦わら帽子にタオル、軍手に長靴姿で、土砂を運び出す様子が報じられた。

「ユーチューブで船越のことを『バイアグラ男』と罵倒したりしたのは、さすがに世間の印象が悪すぎた。それは本人も気づいていて、ブログの内容も随分さわやかなものに変わっています。船越の事務所が松居の発言の差し止めを求める仮処分を申し立てたのも効いているでしょう。それまではマスコミの追跡から逃げ回り、一部週刊誌の取材にしか答えていませんでしたが、今回帰宅した際には、気さくに取材に応じていた。このあたりの空気を読んだ“対応”は見事といっていいでしょう」(ベテランの芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る