• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マスコミにも笑顔で対応 松居一代“態度急変”の思惑と計算

 かなりのイメチェンではないか。俳優の船越英一郎(57)と離婚騒動を繰り広げているタレントの松居一代(60)が、20日にボランティア先の福岡から東京の自宅に帰宅。集結したマスコミに笑顔で対応し、「(松居劇場には)終止符を打った。(離婚裁判になった場合は)私が出廷します」と宣言した。

 しかし、見た目や雰囲気が随分変わったものだ。7月上旬にユーチューブで船越を告発した際には、ノーメークでまるで般若のような形相だったが、それが打って変わって、和らいだ表情に。福岡の被災地でのボランティアでは、麦わら帽子にタオル、軍手に長靴姿で、土砂を運び出す様子が報じられた。

「ユーチューブで船越のことを『バイアグラ男』と罵倒したりしたのは、さすがに世間の印象が悪すぎた。それは本人も気づいていて、ブログの内容も随分さわやかなものに変わっています。船越の事務所が松居の発言の差し止めを求める仮処分を申し立てたのも効いているでしょう。それまではマスコミの追跡から逃げ回り、一部週刊誌の取材にしか答えていませんでしたが、今回帰宅した際には、気さくに取材に応じていた。このあたりの空気を読んだ“対応”は見事といっていいでしょう」(ベテランの芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る