シンガポール法人設立 松居一代の“野望”かなえる段取り力

公開日: 更新日:

 21日にシンガポールでの法人設立を明かし、世間の度肝を抜いた松居一代(60)。最終的には米国の通販番組で成功することが夢だと語るなど“仕掛け”上手は相変わらず、一見無鉄砲に思えるが、実は綿密な計画があるらしい。

 元銀座のナンバーワンホステスで芸能界のほか、トップ経営者、政治家とも親交のある田辺まりこ氏がこう言う。

「松居さんの一連の行動には段取りの良さを感じていましたが、シンガポール法人設立でより明確になったと思いました。税金対策でシンガポールに拠点を移し、現地の富裕層コミュニティーで情報を得て、さらにお金を増やしていくという典型的な展開を計画されているのでしょう。事務所を構えたシンガポール一のマンションも、ステータス自慢ではなく、お金持ちだけの情報が手に入ることを誇示したかったのだと思います。

■高級車購入も税金対策か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る