• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シンガポール法人設立 松居一代の“野望”かなえる段取り力

 21日にシンガポールでの法人設立を明かし、世間の度肝を抜いた松居一代(60)。最終的には米国の通販番組で成功することが夢だと語るなど“仕掛け”上手は相変わらず、一見無鉄砲に思えるが、実は綿密な計画があるらしい。

 元銀座のナンバーワンホステスで芸能界のほか、トップ経営者、政治家とも親交のある田辺まりこ氏がこう言う。

「松居さんの一連の行動には段取りの良さを感じていましたが、シンガポール法人設立でより明確になったと思いました。税金対策でシンガポールに拠点を移し、現地の富裕層コミュニティーで情報を得て、さらにお金を増やしていくという典型的な展開を計画されているのでしょう。事務所を構えたシンガポール一のマンションも、ステータス自慢ではなく、お金持ちだけの情報が手に入ることを誇示したかったのだと思います。

■高級車購入も税金対策か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る