シンガポール法人設立 松居一代の“野望”かなえる段取り力

公開日:

 21日にシンガポールでの法人設立を明かし、世間の度肝を抜いた松居一代(60)。最終的には米国の通販番組で成功することが夢だと語るなど“仕掛け”上手は相変わらず、一見無鉄砲に思えるが、実は綿密な計画があるらしい。

 元銀座のナンバーワンホステスで芸能界のほか、トップ経営者、政治家とも親交のある田辺まりこ氏がこう言う。

「松居さんの一連の行動には段取りの良さを感じていましたが、シンガポール法人設立でより明確になったと思いました。税金対策でシンガポールに拠点を移し、現地の富裕層コミュニティーで情報を得て、さらにお金を増やしていくという典型的な展開を計画されているのでしょう。事務所を構えたシンガポール一のマンションも、ステータス自慢ではなく、お金持ちだけの情報が手に入ることを誇示したかったのだと思います。

■高級車購入も税金対策か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る