• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

船越英一郎は“ゼロ解答”も 民事裁判の「過失相殺」とは

 めっきり静かになったと思ったら、被災地でボランティアをしていたそうだ。神出鬼没というか行動力があるというか、松居一代(60)らしい感じもするが、その少し前にホリプロは、「松居一代に対する仮処分申立書が東京地裁で受理された」と発表した。松居がブログやYouTubeで、船越英一郎(57)の不倫疑惑などを暴露し続けることに対し、差し止めを求める内容だ。ホリプロと船越に対する業務妨害と名誉毀損にあたるとした。

 だが、船越側が今後損害賠償請求をして、その主張が認められたところで、松居側に何ら打撃とならない可能性も高い。弁護士の山口宏氏がこう言う。

「民事裁判の損害賠償請求には過失相殺が付きます。名誉毀損やプライバシー侵害で損害賠償を求めて支払いが認められても、訴えられた側が『暴露されるのは、あなたにも責任がある』と主張し、それが認められると、かなり減額されることがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る