船越英一郎は“ゼロ解答”も 民事裁判の「過失相殺」とは

公開日: 更新日:

 めっきり静かになったと思ったら、被災地でボランティアをしていたそうだ。神出鬼没というか行動力があるというか、松居一代(60)らしい感じもするが、その少し前にホリプロは、「松居一代に対する仮処分申立書が東京地裁で受理された」と発表した。松居がブログやYouTubeで、船越英一郎(57)の不倫疑惑などを暴露し続けることに対し、差し止めを求める内容だ。ホリプロと船越に対する業務妨害と名誉毀損にあたるとした。

 だが、船越側が今後損害賠償請求をして、その主張が認められたところで、松居側に何ら打撃とならない可能性も高い。弁護士の山口宏氏がこう言う。

「民事裁判の損害賠償請求には過失相殺が付きます。名誉毀損やプライバシー侵害で損害賠償を求めて支払いが認められても、訴えられた側が『暴露されるのは、あなたにも責任がある』と主張し、それが認められると、かなり減額されることがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る