船越英一郎は“ゼロ解答”も 民事裁判の「過失相殺」とは

公開日: 更新日:

 めっきり静かになったと思ったら、被災地でボランティアをしていたそうだ。神出鬼没というか行動力があるというか、松居一代(60)らしい感じもするが、その少し前にホリプロは、「松居一代に対する仮処分申立書が東京地裁で受理された」と発表した。松居がブログやYouTubeで、船越英一郎(57)の不倫疑惑などを暴露し続けることに対し、差し止めを求める内容だ。ホリプロと船越に対する業務妨害と名誉毀損にあたるとした。

 だが、船越側が今後損害賠償請求をして、その主張が認められたところで、松居側に何ら打撃とならない可能性も高い。弁護士の山口宏氏がこう言う。

「民事裁判の損害賠償請求には過失相殺が付きます。名誉毀損やプライバシー侵害で損害賠償を求めて支払いが認められても、訴えられた側が『暴露されるのは、あなたにも責任がある』と主張し、それが認められると、かなり減額されることがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る