松居一代に法的措置 ホリプロ「営業妨害」の立証は可能か

公開日:

 松居一代(60)の夫・船越英一郎(57)に対する一連の暴露について、船越の所属事務所・ホリプロが21日、業務妨害などを理由に法的措置をとることを発表した。

 NHK「ごごナマ」の出演料が1回40万円だと暴露したほか、川島なお美や大宮エリーとの浮気、バイアグラを使ってセックスをしていたこと、髪がカツラであることなどをぶちまけたことにさすがのホリプロも、「一連の言動には裁判所の判断を仰ぐべきものが多く、これ以上看過することのできない問題」と判断したのだ。

 弁護士の山口宏氏はこう言う。

「発言が事実かどうかは別として、公になっていないことを言うこと自体がイメージを著しく下げているので、業務妨害にあたります。今まで築いた“ダンディー”“いいパパ″のイメージを覆すなど、影響力は大きい。もし松居さんの発言が事実でない場合は悪質性が増します。ただし、日本の場合はアメリカのように制裁の要素が薄く“財産上の被害”に対してしか賠償請求ができない。しかも賠償額を立証しないと提訴できません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る