• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松居一代に法的措置 ホリプロ「営業妨害」の立証は可能か

 松居一代(60)の夫・船越英一郎(57)に対する一連の暴露について、船越の所属事務所・ホリプロが21日、業務妨害などを理由に法的措置をとることを発表した。

 NHK「ごごナマ」の出演料が1回40万円だと暴露したほか、川島なお美や大宮エリーとの浮気、バイアグラを使ってセックスをしていたこと、髪がカツラであることなどをぶちまけたことにさすがのホリプロも、「一連の言動には裁判所の判断を仰ぐべきものが多く、これ以上看過することのできない問題」と判断したのだ。

 弁護士の山口宏氏はこう言う。

「発言が事実かどうかは別として、公になっていないことを言うこと自体がイメージを著しく下げているので、業務妨害にあたります。今まで築いた“ダンディー”“いいパパ″のイメージを覆すなど、影響力は大きい。もし松居さんの発言が事実でない場合は悪質性が増します。ただし、日本の場合はアメリカのように制裁の要素が薄く“財産上の被害”に対してしか賠償請求ができない。しかも賠償額を立証しないと提訴できません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る