船越「ごごナマ」降板説 NHKが“松居派”主婦層に戦々恐々

公開日:

 妻の松居一代(60)の常軌を逸した離婚パフォーマンスに弱り切っている船越英一郎(57)に、さらに追い打ちをかける事態が起きている。今年4月にスタートし、MCを務めるNHK「ごごナマ」に“降板説”が持ち上がっているというのだ。もっとも、NHKサイドは先月の定例会見で船越の続投を言明したばかりなのだが……。

「不倫の確かな証拠もなく、NHKとしては船越を降ろす理由がない。もし降ろせば、松居の言っていることを認める形となり、なおさら降ろすわけにはいかないんです。しかも、視聴率も今回の騒動が呼び水となり、普段3%前後だったのが、4~5%台に大幅アップしたんです」(NHK関係者)

 だが、最近になって事情が変わりつつあるという。

「松居のVTRは確かに過激で滑稽だが、最初から最後まで彼女の主張はブレてはいない。船越の所属事務所が『訴える』と言っても、松居の姿勢は変わらなかった。だが、肝心の船越はいまだに黙して何も語らないまま。この煮え切らない態度が、視聴者に不信感を抱かせているという見方が出てきた。最近は“松居派”を名乗る主婦層が現れていて、松居のやり方は不器用なだけで、同性としてシンパシーを感じると言う人もいるんです」(女性誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る